• ホーム
  • トレーニング案内
  • 料金案内
  • 施設案内
  • 入会案内
  • トレーナー紹介
  • よくある質問
  • アクセス
  • お問い合わせ
ホーム>ホグレル

ホグレル

鍛えるのではなく、柔軟性のある柔らかい筋肉に「ホグす」という発想。

ホグレルは柔軟性の獲得を第一に考えられたトレーニング

hogurerunitsuite-02s1.jpg

従来リハビリやスポーツ現場で行われていたトレーニングは、筋肉に大きな負荷をかけて緊張させたり、持続的に筋肉に力を入れ続けるトレーニングが主流になっています。

しかし、トレーニング後にしっかりとケアを行わなければ筋肉は固くなりやすく、怪我を治しているつもりが、怪我をしやすい身体を作ってしまうリスクもあります。

ホグレルは専用のマシンを使い、比較的軽い負荷で肩甲骨周辺や股関節周辺の筋肉をリラックスした状態で、繰り返し動かしていきますので、血流を促進しながら筋肉を柔軟にすることが出来ます。

hogurerunitsuite-05s1.jpg

 会社のお昼休みや帰りに15分のラクラクフィットネス!

hogurerunitsuite-09s1.jpg毎日の激務に、カラダが悲鳴を上げてはいませんか?
ホグレルなら、1日わずか15分でOK。
汗をかかないトレーニングなので、忙しいサラリーマン、OLの方も会社帰りにそのまま通っていただけます。
関節の働きを改善すれば、肩こり・腰痛・むくみ・冷えなどのさまざまなお悩みが解消。
疲労感やストレスを軽減したい方もぜひお試しください。
ホグレルで正しい姿勢を身につければ、より元気な身体に変身できるはずです。

ホグレルはカラダの根本的な改善を行います

肩こり・腰痛が発生した場合、従来からの治療方法は痛みの出ている部位に対して直接アプローチをしていました。しかし原因となっている姿勢の悪さや筋肉の過緊張に対する根本的な改善を行わなければ、症状は一時的に良くなるものの再発を繰り返しながら徐々に悪化する、悪循環体質になってしまうのです。
例えば、肩こり・腰痛が発生している方に対しては、ホグレルのトレーニングマシンを使い、股関節や肩甲骨の柔軟性が向上するトレーニングを行って頂きます。
本来ならば筋肉や関節で吸収されるべき負担が、痛みとなっている状況に対して根本的なアプローチを行います。

こんなことありませんか?「筋肉はついたけど、ケガが治らない」

hogurerunitsuite-14s1.jpg

柔軟性の獲得こそ運動療法の至上命題

例 えば、50肩の痛みなどに対する従来の運動療法は、静的ストレッチや肩周りの筋肉を鍛える方法が主流でした。しかし、固まった筋肉に対してさらに力を入れ 筋肉を伸ばしたり、固まった筋肉をさらに過度に緊張させて動かすので、筋肥大はするものの、かえって関節が固くなり、逆効果となることもしばしばでした。

ホグレルについて

ホグレルは動的ストレッチ要素の高いトレーニング

ホグレルは、筋肉をリラックスさせた状態で動かす動的ストレッチ要素の高いトレーニングです。
筋ポンプ作用によって、血流をアップさせながら筋肉にスト レッチをかけていきます。
筋肉や神経に負担をかけることが少なく、関節の動きも改善され、人間が本来もっている身体機能を取り戻し、バランスのとれたカラ ダをつくります。

 

ホグレルの機能と特徴

ホグレルマシンの機能

ホグレルマシンの機能

ディッピング

kinou-08s1.jpg kinou-02s1.jpg kinou-05s1.jpg kinou-11s1.jpg

肩甲骨の可動域を広げる為のストレッチ動作を誘導してくれる肘を曲げ上下に動かすことで、肩甲骨、鎖骨の動きを引き出し主に上半身の機能を向上させることが目的です。

プルオーバー

kinou-20s1.jpg kinou-29s1.jpg kinou-26s1.jpg kinou-23s1.jpg

肩甲骨の可動域を広げ、広背筋と上腕伸筋とのバランスを高めることが出来る。
腕を前後に動かし胴体全面の連動性を高めることが目的です。

ハイプーリー

kinou-37s1.jpg kinou-35s1.jpg kinou-40s1.jpg kinou-43s1.jpg

固くなっている肩甲骨を、ダイナミックに動かせるようにする。
バンザイ姿勢が作れるようになり、肩甲骨を上げ下げして腕の付け根や腰、脇腹の連動性を高めることが目的です。

チェストスプレッド

kinou-53s1.jpg kinou-50s1.jpg kinou-56s1.jpg kinou-58s1.jpg

胸部にストレッチをかけ、首、肩、背骨を本来あるべき場所へ戻す。
胸を開く運動をし、前方に移動しがちな頭と方の位置を戻して姿勢を維持できるようになることが目的です。

 

kinou-65s1.jpg

インナーサイ

kinou-78s1.jpg kinou-69s1.jpg kinou-75s1.jpg kinou-72s1.jpg

脚を開閉することで股関節周りの柔軟性を改善する。
普段あまり動かさない脚の開閉運動で骨盤周辺の調整、歩行改善、ガニ股の改善などが目的です。

レッグプレス

kinou-88s1.jpg kinou-94s1.jpg kinou-91s1.jpg kinou-84s1.jpg

股関節を伸展することで、臀部やハムストリングスの柔軟性を改善する。
正しい姿勢で脚を伸ばすことで脚部の曲げ伸ばしを促進し、軸調整をすることが目的です。

ホグレルマシン3つの特徴

1. リラックスをさせながらトレーニングが行えます。

従来の方法と違い、ホグレルは、低負荷を用いて筋肉をリラックスさせて反復を行います。
比較的血圧の上昇が少ないので、高齢者や日常的な運動習慣の無い方でも、身体をリラックスさせながら安心してリハビリやトレーニングを行って頂くことが出来ます。

2.日常生活では動かしにくい部位を無理なく動かせるようになり、柔軟性を養います。

日常生活では、肩甲骨周りや股関節周辺の筋肉の柔軟性獲得は容易ではありません。
ホグレルは単純に筋肉をつけるのではなく、肩甲骨周り、股関節周りの筋肉を柔軟にほぐし、関節可動域を向上させることに重点をおいていますので無理なく、柔軟性を養えます。

3. 1台のマシンで複数のトレーニング種目を行えるので、利用者の方の状況に応じた運動処方が行えます。

例えば股関節の動きに制限がある方に適切なトレーニングと、強化を目的としたトップアスリートのトレーニングは当然違います。
ホグレルは、身体の向きを変えたり、動かす角度に変化を付けることで複数の種目を行うことが可能です。
1台のマシンでリハビリから、アスリートの強化トレーニングまでより目的に応じたトレーニングを行うことが出来ます。






 

ホグレルの効果

ホグレルの効果

ホグレルはさまざまな用途で効果を発揮します。

hogu1_R.jpg

ホグレルのプログラムで肩甲骨・股関節の柔軟性が向上!

hogu2.jpg hogu12.jpg hogu9.jpg
hogu3.jpg hogu11.jpg hogu10.jpg

効果について

効果について

1 肩こり・腰痛の改善に

ホグレルを実施すると、血行が良くなり、神経と筋肉のバランスが調整されて、「肩こり」「腰痛」になりにくい体になります!
肩こり・腰痛が発生した場合、従来からの治療方法は痛みの出ている部位に対して直接アプローチをしていました。しかし原因となっている姿勢の悪さや筋肉の過緊張に対する根本的な改善を行わなければ、症状は一時的に良くなるものの再発を繰り返しながら徐々に悪化する、悪循環体質になってしまうのです。
例えば、肩こり・腰痛が発生している方に対しては、ホグレルのトレーニングマシンを使い、股関節や肩甲骨の柔軟性が向上するトレーニングを行って頂きます。
本来ならば筋肉や関節で吸収されるべき負担が、痛みとなっている状況に対して根本的なアプローチを行います。
ホグレルは、主に肩甲骨や骨盤まわりの筋肉を動かす事で、眠っている筋肉を可動させます。そして、筋肉の伸縮を繰り返し、血流を促進させることで、新陳代謝を高める運動方法です。
一般の筋力トレーニングのように歯を食いしばるような運動方法ではありませんので、汗はほとんどかかず、高齢者にも安心で体に優しい運動といえます。

2 各種スポーツのパフォーマンス向上に

hogu5.jpgアスリートの機能改善、動作改善にコンディショニングマシンとしてホグレルを採用しています。
ホグレルのトレーニングは、スポーツ局面で重要な肩甲骨や股関節まわりを中心とした筋肉を柔らかくし、各種スポーツのフォーム、可動域を拡げてくれるため、従来のトレーニングではアプローチが難しかった、インナーマッスルを効果的にホグすことが出来ます。
トレーニング後のメンテナンスといえばストレッチですが、ケガの防止やパフォーマンスを最大限に向上するためにホグレルは最適なトレーニングです。

筋力トレーニングがパフォーマンス低下の原因!?
hogu6.jpg

肩甲骨まわりの筋肉や、股関節が固いと、「無駄な力み」やその部位での「力のロス」が生まれます。これらは最終的にバランスの崩れ、スタミナ不足、パワー 不足となって、表面化します。スポーツ選手が一生懸命に筋力トレーニングをしても、パフォーマンスが上がらないのは、こういった要因が影響していることが 考えられます。

 
ホグレルはコンディショニングや強化トレーニングにも効果的

hogu7.jpgホグレルのトレーニングは、スポーツ局面で重要な肩甲骨と股関節周りの筋群や、従来のトレーニングではアプローチが難しかった、インナーマッスルを効果的にホグすことが出来ます。

これにより無駄のない、しなやかな動きを獲得し身体バランスの向上、運動効率の向上、競技力の向上が期待出来ます。また、筋ポンプ作用により血流が促進され、疲労の除去、怪我の予防にも高い威力を発揮します。

これにより無駄のない、しなやかな動きを獲得し身体バランスの向上、運動効率の向上、競技力の向上が期待出来ます。また、筋ポンプ作用により血流が促進され、疲労の除去、怪我の予防にも高い威力を発揮します

3 リハビリに

「身体に負担をかけずに、自分で治す」という効率の良い環境をつくる!

hogu8.jpgホグレルマシンを使用したリハビリ方法は、筋肉をリラックスした状態で繰り返し動かし、血流を促進させます。
したがって、筋や神経に負担をかけることが少なく、関節の動きも改善され人間が本来もっている身体機能を取り戻し、バランスのとれたカラダをつくります。
怪我などの従来の治療方法は、固定して負担がかからないようにして治るのを待つというのが基本でしたが、
これでは治りも遅く、放っておくと本来の機能に戻らなくなることもあります。

五十肩の人は、最終的に肩関節が硬くなるのですが、実はその前に肋骨の動きや鎖骨の動きや回旋が悪くなったり、また肩甲骨が上にいく、内にいく、後ろにいく、といった動きができなくなって、最終的に肩が痛くなる方がほとんどです。
まさにホグレルのディッピングなどは、肩甲骨を動かす、鎖骨の回旋を上げるために、非常に良いトレーニングで、四十肩・五十肩の方には、最適です。
肩関節が痛い場合は、まずは肩関節の治療として徒手療法をおこない、そして、「動きを出す」という所でホグレルを使用すると効果的です。
徒手療法で肩甲上腕関節の治療をおこないますが、平行して「肋骨の動き」「肩甲骨の動き」「鎖骨の回旋」といった「動きを出す」必要のある筋肉に対してホグレルを使用するとさらに効果的です。

4 ダイエット、シェイプアップに

太らない体造りに

「脂肪が燃えやすいカラダ」を身につける。
30歳を過ぎたあたりから、カラダの体質が変わり、「太りやすい・・・」「疲れやすい・・・」と感じる人は多いのではないでしょうか?
その原因のひとつとして、年齢とともに筋肉が衰えることにより、血液循環が悪くなり、基礎代謝量が減るからだと考えられます。
つまり、血流が悪く、代謝が減ると「脂肪が燃焼しにくい上に、乳酸がたまりやすいカラダ」になってしまいます。

動的ストレッチ・ホグレルは・・・

日常で動かすことの少ない肩甲骨や股関節回りの凝り固まった筋肉を柔軟にする事で、筋繊維の結合組織(肩甲骨まわりや股関節まわり)の伸展性と弾力性を高め、血流を促進し関節の動きを改善します。
よって、人間工学として理にかなった「バランスの良い姿勢や動作」が身につき、また「代謝の良いカラダ」をつくります。
 

pagetop