• ホーム
  • トレーニング案内
  • 料金案内
  • 施設案内
  • 入会案内
  • トレーナー紹介
  • よくある質問
  • アクセス
  • お問い合わせ
ホーム>ホグレルの機能と特徴

ホグレルの機能と特徴

ホグレルの機能と特徴

ホグレルマシンの機能

ホグレルマシンの機能

ディッピング

kinou-08s1.jpg kinou-02s1.jpg kinou-05s1.jpg kinou-11s1.jpg

肩甲骨の可動域を広げる為のストレッチ動作を誘導してくれる肘を曲げ上下に動かすことで、肩甲骨、鎖骨の動きを引き出し主に上半身の機能を向上させることが目的です。

プルオーバー

kinou-20s1.jpg kinou-29s1.jpg kinou-26s1.jpg kinou-23s1.jpg

肩甲骨の可動域を広げ、広背筋と上腕伸筋とのバランスを高めることが出来る。
腕を前後に動かし胴体全面の連動性を高めることが目的です。

ハイプーリー

kinou-37s1.jpg kinou-35s1.jpg kinou-40s1.jpg kinou-43s1.jpg

固くなっている肩甲骨を、ダイナミックに動かせるようにする。
バンザイ姿勢が作れるようになり、肩甲骨を上げ下げして腕の付け根や腰、脇腹の連動性を高めることが目的です。

チェストスプレッド

kinou-53s1.jpg kinou-50s1.jpg kinou-56s1.jpg kinou-58s1.jpg

胸部にストレッチをかけ、首、肩、背骨を本来あるべき場所へ戻す。
胸を開く運動をし、前方に移動しがちな頭と方の位置を戻して姿勢を維持できるようになることが目的です。

 

kinou-65s1.jpg

インナーサイ

kinou-78s1.jpg kinou-69s1.jpg kinou-75s1.jpg kinou-72s1.jpg

脚を開閉することで股関節周りの柔軟性を改善する。
普段あまり動かさない脚の開閉運動で骨盤周辺の調整、歩行改善、ガニ股の改善などが目的です。

レッグプレス

kinou-88s1.jpg kinou-94s1.jpg kinou-91s1.jpg kinou-84s1.jpg

股関節を伸展することで、臀部やハムストリングスの柔軟性を改善する。
正しい姿勢で脚を伸ばすことで脚部の曲げ伸ばしを促進し、軸調整をすることが目的です。

ホグレルマシン3つの特徴

1. リラックスをさせながらトレーニングが行えます。

従来の方法と違い、ホグレルは、低負荷を用いて筋肉をリラックスさせて反復を行います。
比較的血圧の上昇が少ないので、高齢者や日常的な運動習慣の無い方でも、身体をリラックスさせながら安心してリハビリやトレーニングを行って頂くことが出来ます。

2.日常生活では動かしにくい部位を無理なく動かせるようになり、柔軟性を養います。

日常生活では、肩甲骨周りや股関節周辺の筋肉の柔軟性獲得は容易ではありません。
ホグレルは単純に筋肉をつけるのではなく、肩甲骨周り、股関節周りの筋肉を柔軟にほぐし、関節可動域を向上させることに重点をおいていますので無理なく、柔軟性を養えます。

3. 1台のマシンで複数のトレーニング種目を行えるので、利用者の方の状況に応じた運動処方が行えます。

例えば股関節の動きに制限がある方に適切なトレーニングと、強化を目的としたトップアスリートのトレーニングは当然違います。
ホグレルは、身体の向きを変えたり、動かす角度に変化を付けることで複数の種目を行うことが可能です。
1台のマシンでリハビリから、アスリートの強化トレーニングまでより目的に応じたトレーニングを行うことが出来ます。






 

pagetop