加圧トレーニング Top Fit
加圧トレーニング Top Fit

2022.09.05

運動後の食事について

運動後の食事は吸収率が良いので摂ったら肥る?


時間をおいた方がいい?


どちらも正しくありません。


まず前者からいくと「すぐ食事をすると吸収がいいから体脂肪になって


しまいます」というのは知識のない人の早合点です。


「吸収がいい」というのは、運動で破壊された体を再構築するために、


栄養が消費されやすい状態にあるということです。


(=代謝がよくなり、回復のための材料を欲しがっている)


ですから、吸収率がいい状態である運動直後の食事はむしろ体脂肪に


はなりにくいと言えます。


それに栄養不足の状態を放置しておくと、疲労した体は、筋肉を分解


して活動のためのエネルギーを取り出すようになる危険があります。


(カタボリック状態)


ですから、運動直後に栄養を補給しないことは、むしろ太りやすくなる


危険があります。


ですが、後者の方も全面的に正しいわけではないのです。


体を動かすエネルギーは最初に炭水化物が使われ、その後に脂肪が


使われます。


ここに食事で栄養を補給すれば、当然脂肪の燃焼は止まります。


運動後は内臓の働きが落ちており、消化が悪くなっています。


この状態で消化に時間のかかる固形物、脂肪分の多いものなどを入れれば、


内臓は余計疲労し、栄養の吸収率は落ちます。


その結果、疲労が回復しにくくなったり、それが重なることで危機感を


感じた体が体脂肪を溜め込むようになる危険も高まるわけですから、


運動直後の食事は結果として太りやすくなる危険をもっています。


「じゃあ、どうしろっていうの!」


と思うかもしれませんが、上記の内容を整理すれば、運動後の体は


「回復のための栄養を欲しがっているけれど、そのために必要な作業が


うまくいかない」という矛盾した状態になっているわけです。


ですから、運動直後は固形物でなく、消化の手間があまりいらない


プロテインや牛乳、果汁100%ジュース、あるいはバナナなどで一時的に


栄養を補給することで回復の手助けをします。


松潤も運動後にはプロティン


多少脂肪の燃焼がとまるにせよ、それまでの運動でカロリーは消費する


ので、「脂肪燃焼の低下」と「疲労回復の遅れ」というデメリットを


比較した場合、後者のほうがデメリットとしては大きいので、スムーズな


栄養補給をした方が望ましいです。



結論!!


運動前後は筋肉合成、疲労回復、脂肪燃焼を手助けするプロティンが


最も理想でしょう。



運動直後は固形物でなく、消化の良いプロテインなどはダメージを受けた


筋肉に栄養を補給することで修正回復の手助けをしますので最適です。


そのあと30分~1時間して体が落ち着いて、消化能力が戻ってきてから


食事をしましょう。


 

JR大宮駅東口から徒歩3分
体の総合メンテナンスジム TopFit
TEL 048-645-7577


 ⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩⇩


ギックリ腰、ヘルニア、すべり症、座骨神経痛等でお悩みの方、


訳の分からない痛みをお持ちの方是非一度体感して下さい。


さいたま市大宮 加圧トレーニングジム ぎっくり腰110番 東洋触気功療術会 大宮支部院


              大宮フィットネス 大宮パーソナルジム 埼玉トレーニングクラブ


  埼玉県さいたま市大宮整体院


トップフィットのスタッフブログ

当店で、あなたのお悩みを
一緒に改善していきませんか

加圧トレーニング Top Fit 048-645-7577

平日:10:00~21:00/土・日曜:10:00~18:00
定休日:祝祭日、月曜日

ボディバランスハウス